>

水回りリフォームの注意点

見積書に注意しましょう

リフォームは最初に見積もりを出してから行いますが、心無い会社ですと余計な項目を増やして金額を上乗せすることが多く、金銭トラブルになる場合があります。
見積もり書の項目が分かりやすくなっているか注意してください。
分からない場合は質問をして、的確な回答をしてくれるか注目してみましょう。
専門用語が多く誤魔化すような説明であれば信頼できないので、違うリフォーム会社に切り替えましょう。

見積もりで失敗しないためには、1社だけではなく数社の見積もりを取ってください。
安い金額で決めるのではなく、適正価格であるか確認しましょう。
あまり安い見積もりの会社ですと、工事が雑だったりどこか手を抜き兼ねませんので信頼のできる会社を選んでください。

失敗した事例

実際にリフォームに失敗してしまった事例が多くあります。
信頼できる会社を決めるのは自分ですので、会社側の宣伝にのせられないようにちゅういしてください。
リフォーム会社の営業トークにのせられて、リフォーム箇所を多く追加してしまうケースもあり、余計な費用がかかってしまいます。
自分が描いているリフォームを忘れないように心がけましょう。

評判の良い会社でも失敗しているケースもあります。
デザイン性やサービス内容など、自分に合う会社かは評判では測れないからです。
小規模の工事を大手のハウスメーカーに依頼しますと、費用が高めになることも多いので、中、小規模会社とも比べてみましょう。

一番多いトラブルは訪問販売といわれています。
1社だけで決めてしまわずに、数社と比べるようにしましょう。


この記事をシェアする